僕の野球ライフについて



皆さん昔やってたスポーツとかありますか?

僕ヒロは野球やってました。

市川家は代々野球一家でしたので、爺ちゃんも親父も兄貴も俺も野球で育ってきました。

今回は、僕の野球人生について紹介などをします。

小学校~中学校1年までの野球について

市川家は野球一家なので、僕も物心ついた時には既に白球を追いかけていました。

多分、小学校低学年からボールは触っていて、4年生とか位の時に小学校のチームに入ったんじゃないかな~。

皆さんは自分の今やってる趣味や昔やってた部活って好きでやってましたか?

僕はぶっちゃけた事を言うと、別にやりたくないのに野球を強制的に嫌々やらされていました。何でこんなキツくて辛くて楽しくない事やらされてるんだろうってずっと思ってました。最初は。

だって気持ち悪くなる位走らせるし、豆が潰れて痛くなる位バット振ったり、頑張っても勝てない弱小だったし、ゲンコツ喰らう位怒られるし…何がいいんでしょう。

僕はずっとそんな事を思いながらいつか野球を辞められる日を考えたりしていました。


小学校の頃に入っていたチームは上級生が僕ともう一人の二人だけでとても弱小でした。

僕はずっとサウスポーでピッチャーをやらさせて貰っていたのですが、ノーコンでへたっぴでした。試合にできないくらい。

全然勝てなくて、負ける事に慣れてしまっていました。

それでも親父が監督してたり、チームのメンバーとは楽しくいれたりで心の底から野球が嫌だった訳ではなかったです。

小学校の時にやっていた野球は良い思い出だったと思います。

ただ問題なのはその後でした…


僕は中学生になりました。

中学校の野球部に入れば軟式野球だったのですが、僕はシニアと呼ばれる硬式野球チームに入りました。

親の知り合いがコーチをしていた事もあり、そのシニアチームに入ったのですが…

そのチームは過去に全国大会に出ていたり、有名校に選手を輩出したり、有名選手が過去にいたりと中々の強豪チームでした。

それ故、選手の数も中々多く、コーチ陣もとても厳しい方ばかり。

正直とても辛かったです。ただ練習がキツイとか実力が伴わないというのは僕自身の問題でもあったので、仕方ないと割り切れるのですが、本当に嫌だったのは…

チーム内での理不尽な扱いでした。


一年生だからとボールには真面に触らせてもらえない。

後輩だからと自分の持ってきた飲み物を勝手に先輩に飲まれる。

野球が下手だからと同じ学年内でもいじめられる。


嫌だった事をもっと具体的に言いますと、

僕の来ていたジャージが地面に落ちているのに解っているのに、雨の後のドロドロのスパイクで容赦なく踏み荒らしていく。

これが、僕の当時覚えている記憶の中で特にダメージになった出来事でした。

母ちゃんが綺麗にしてくれた服、作ってくれたおにぎり、

親父と悔しくて練習付き合ってくれたり、遠いのに車で送ってくれた事、必死にケガのケアをしてくれた事。

それ以外にも親父や母ちゃん、そして色んな人から当時支えて貰ってたけど、この出来事が決定的に心を折らされました。これだけが嫌だったんじゃなくて、この瞬間にとどめをされた感じでした。

本当に辛かった。あれは野球じゃなかった。

ストレートに言います。

選手の心の余裕を奪って、誰かの心を殺してしまう様なチームは、選手は、指導人は、

人間はスポーツをやっていい段階ではない。

こういった現役時代の嫌だった話をすると、それ普通普通~なんて返答を貰う事がありますが、絶対普通じゃありませんからね。

よくある事だとしても、それを普通にしていい理由なんて絶対ないですからね。

今でも時折スポーツの裏側を見ていて思う時があります…

あんなの、スポーツマンシップなど口に出してはいけない…

第2のチーム

僕は、中学1年生までそんな最低なチームにいました。

既に野球なんて心の底から憎かったです。

既に野球どうこうの前に心は死にかけていました。

練習に向かう車の中、練習日の前日の夜…トラウマみたいに怖かったです。

早く辞めたかった。大怪我、大病してもいいから休みたかった。

でもまだまだこれで1年間。後2年間もこんなチームにいなきゃいけないのかと思うと狂いそうでした。


そんな時に親父からある話を持ち掛けられました。

『地元に新しくできるチームの一期生にならないか』

僕の地元は長野県岡谷市という所です。

シニアと呼ばれる硬式野球チームは、市ごとによくあるのですが岡谷にはありませんでした。

そこで岡谷にも硬式野球チームを作ろうという話がでて、親父の所にその話がいき、息子の僕に誘いが来たという訳です。

僕は即答しました。


『行く。』


もうこんな地獄みたいなチームから抜けられるならどこでも良かった。

詳しい話も何も聞かずに即答で行きたいって言ったのを覚えてます。

親父からその話が来た時、嬉しくて嬉しくて夢みたいでした。

きっと当時明らかに様子がおかしかった僕を、親父達もどうにかしてあげたかったんだと思います。今でもそうですが、本当にありがたいです。


そんなこんなでチームを辞めて、新しく岡谷に出来たチームに入団しました。

辞めたチームは確かに僕にとって最悪だったけど、それでもそこで出会った好きな友達や尊敬できる先輩はいました。少しだけ名残おしかったです。

後にこのチームの時の同期達に修学旅行の時にばったり会ったのですが、みんな僕の事を覚えていてくれて話しかけてくれて嬉しかったのを覚えています。ありがとう。


新しい岡谷のシニアチームで僕は一期生で唯一の2年生でした。

(※後にもう一人入って二人になる)

そして初代主将に任されました。(メチャクチャ不安だった)

後はみんな1年生数人。1年生の中には、僕が小学校の頃に一緒にやっていた後輩や野球を初めてやる様な初心者もいました。コーチ達も親父や兄貴、兄貴の同期メンバー等々…

そんなチームメンバーから最初は始まりました。


とにかく主将として意識していたのは、上下関係を出来る限りなくすこと

それはもう前のチームで僕が味わった、先輩や同学年内、指導陣からの理不尽な事を押し付けられない様にするため。そして何より同じメンバーなのに上下関係何かで窮屈な思いをされるのが、思っている事が言えない環境が、一緒になって笑えないのが何より嫌だったから。


後、僕は卑屈だったので、どうせ嫌われてるから思いっきり言いたい事ややりたい様にやってやろうと思ってました。

後輩がキビキビしないと注意したり、

誰かを省いてれば言ってやったり、

一定のヤツだけと組まなかったり、

後輩が居残ってれば俺も一緒にやったり。

もちろん、指導陣にも反抗したりしてた気がします。

ご迷惑をおかけしました。心の中はいつもごめんなさいの気持ちがどこかにあったなあ。


本当に手探りに始まっていった。主将なんで始めてだったし、ましてやこんな出来立てのチームで、本当に不安ばっかだった。

出来立てで、メンバーも少ないし初心者もいたし弱かった。

でも、本当に野球が楽しかった。生まれて初めて野球が好きだと思えた。


思いっきりプレイできるのが嬉しかった。

みんなと試行錯誤努力するのが面白かった。

負けて悔しいと思えるのが嬉しかった。

負けても野球が、チームのみんなが好きだと思える事が何より嬉しかった。

最後の試合でも負けて、悔しくて、みんなと野球ができなくなるのが悲しくて、

そしてそうやって思えたことができて本当に良かったと思える位いい2年間の野球ライフが過ごせた。そんなチームでした。


色んな事が濃くあった2年間のチームのスタートだったと思う。

僕は初代主将としてあのチームに何を残せたのか、

当時のみんなはどう思っていてくれたのか解らない。

それでも自分勝手で悪いけど、俺にとっては野球ライフの中で一番楽しかった瞬間でした。

今更だけど、こんなところだけど、親父や母ちゃん、当時のメンバー、支えてくれた指導者や保護者の皆様、方々。本当にありがとうございました。

高校進学後

高校進学後、高校の野球部に入りました。

が、既にその時から僕には問題がありました。

僕はピッチャーだったのですが、中学の最後辺りから投球時に腕が上手く動かなくなっていました。

それまで肘を痛めたりケガは確かにありましたけど、別にケガでもなく上手く動かせないのです。自分の動かしたい様に、腕肘が言う事を聞いてくれないのです。

それは日に日に酷くなっていきました。

そうです、イップスです。

僕は、ボールを握ると手先が震え、そして投球時のトップの位置で勝手に肘が下がり真面にボールが投げれなくなっていました。

何がきっかけでこうなったのか、原因はどれだったのか明確には解っていません。

どうにかしようと必死に試行錯誤したのですが、結局どうにもできませんでした。

僕はこのイップスが高校野球を始めた時点で既にあったので、チームのみんなからは真面にボールが投げられないピッチャーだと思われていました。

本来の自分じゃないのに、そう推し量られ、そして馬鹿にされる。

また中一の頃と一緒でした。

たまらなく嫌だった。折角、野球が好きになれたのにまた嫌いになってしまいそうだった。

最早、最後は必死に支えてくれた親父や母ちゃん達に野球で恩返しがしたい一心だけで続けていました。が、心の限界がきました。


僕は高校1年生の前半。イップスが原因で野球を遂に辞めました。

親父達に辞めたいって打ち明けるのが本当に心苦しかった。

ずっと小さい頃から僕を束縛して辞めたいと思ってた野球が、

まさか好きなのに辛くて辞める事になるとは思いもしませんでした。


僕は高校1年生で野球部を辞めて、

そして音楽の世界に後に更にのめり込んで行くことになりました。


エピローグ

これが僕の青春の半分を埋めた野球人生です。

の、表面です。

いかがでしたでしょうか。

ただの僕の思い出話を語っただけでしたが。

もしこの記事を読んで何か少しでも思う事があったなら何よりです。


今でもそのイップスというのは直っていなくて、

野球ボールは愚か、ドッチボールやバレーボールとかボールというモノ自体を投球しようという時全てにこのイップスの症状が出てしまう程ではあるのですが、

それでも今でも野球が好きです。

前も早起き野球とかそういうのに時折参加したり、中学の頃のチームの様子を聞いたりします。


また野球に関する記事を書ければと思います。

もし、こういった記事を通し僕に何かできる事があればどんな事でも構いません。

どうか話しかけてください。

お話だけでも聞かせてください。


それではまたどこかでお会いしましょう。


ヒロ


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
heTor
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

営業時間

月曜日~火曜日 9:00~23:00

土日祝日 不定期

©2020 by heTor

Wix.com で作成されました

長野県 岡谷市