喪心症と空っぽ (過去楽曲紹介ブログVol.4)

ほんの少しからこんにちは

どうもLaugh makerだす!初のエレクトロニカ。この唄は椎名もたさんの「ジニアとミーム」という唄から影響を受け生まれた唄です。テーマは『空虚と心の在り処』。素敵な絵はさじさんが描いてくれました!僕は少しでもあの人に恩返しできんでしょうか。

この唄。初めての電子音、エレクトロニカなサウンドを創りました。今までバンドサウンドだったと思うんですけど初のエレクトロニカです。ピコピコ。全然慣れない上にやっぱバンドサウンドとは全然違うので創り方も全然違くてもう全然出来なかった!でも無事こうして完成して届ける事が出来てよかったと思います。何故、突然エレクトロニカを創ろうかって思ったのかといいますと、実は結構前から創るって決めていたんです。話は変わりますが僕の音楽に影響を与えた人がいます。「椎名もた」って方です。有名なぼかろP で色んな人を音楽ですくったんじゃないでしょうか。でももういません。とある唄を配信した日に居なくなりました。僕がこの人を知ったのはいなくなってからでした。すっげ悔しかったです。生きてたらどっかで話せたりもっと近づいて知る事もできたんじゃねえかなって思いました。でも…言い方悪いし不快な思いする人がいるかもしんないですけど、この人が僕が知った時にいなかったから俺もこういうサウンドを創りてえって思えたのかもしれないです。実はこの人の唄を知った時にまあ今もなんですけど、今って若いのにすっげえいい唄創る人とかいるじゃないですか。もうそういうのに嫉妬嫉妬嫉妬で普通に好きで聞きたい唄も耳と心が拒否してましてもう何か色々と嫌になってまして。そういう時にこの人の唄に出会えたんですけど、もうそういう気持ち全部吹っ飛びましたね。こんな心に響き渡る独特な音に出会うのは久しぶりってか懐かしいというかで。ほんとに俺ってバカらしいなって思いました。何に悩んでんだよ。んな事に悩んでんだったら自分でも負けねえ位足掻いて創れって感じで。本当に助けられました。今更届かねえだろうけどありがとうございました。 この唄はそんな椎名もたさんの「ジニアとミーム」って唄に一番影響を受け生まれた唄です。あの優しく包み込めるような音を創りたくって。テーマは『空虚と心の在り処』って感じっす。唄の内容を解説してきますね。 まず題にもなってる空っぽ。これって何のことって感じですが、これは…要するに心が入る、出来る、或る器の中の事を空っぽって言ってるんですよね。んじゃあ、カタマリって?これも何のこと?って感じですがこれはですね、唄の最後に唄ってるように「カタマリ=心」なんです。心がカタマリって意味わからん、大体何のカタマリだよって感じですがはーいちゃんと説明しますよ。口下手だけど。 心ってのが一体何なのか人それぞれ時代それぞれ違いはあると思いますが、僕はこう思います。「何もない空っぽの器に時間をかけ、色んなモノを注ぎ、捨て、拾って、傷付け、治し…そういった事のカタマリが心」だと。確か、ブリーチって漫画か何かのどっかで「心ってのは誰かと触れた掌と掌に生まれる」って言ってた気がします。それを聞いてこういうことを想ったのかしれない僕も実際そう思いました。 それもあってか歌詞の一部に「二つの掌 隙間に 君が生まれると聞いたよ」ってあるんです。 僕らは人生を通して、色んな出来事や出会い、そして喜怒哀楽の感情、好き嫌い、他にも言葉じゃ表現できないことを経験しそれらが固まってカタマリ、心を創るって僕は思うんですが、じゃあその心の完成はい来るの?って思うんですが一生未完成のままだと思います。一生どころか二生、三生あっても未完成。どういう事かっていいますと心は受け継ぐモノだと思います。誰かに分け、与えるモノだと思います。多分みんなもあると思うんですけど、例えば俺だったらちいさい頃、担任の先生に人を変えられた恩、とか。昔の親友との事。もう死んじゃった爺ちゃんの事とか。そうやって他人から影響を受けて自分の一部になる事とかあると思うんです。つまりあなたの心はあなたのモノではありますけど、それと同時にあなただけのモノではない。その心には沢山の誰かが居てくれる。って。誰かに分け与えられたモノ、あなたが誰かに分け与えられたモノ。すっげえ大切なモンです。そうやって色んな人に繋がって更に大きく固まっていくんなら完成なんてないですよね。終わりなんてないっすよね。それが二番の歌詞。んで、間奏ってかブリッジの歌詞。まあ意味わかんないよね。大丈夫意味わかんない様に無理と創っただけですから。でもちゃんと意味はありますからねい。因みにここの歌詞の創り方。澤野弘之さんの「A/Z」を参考にしてもらってます。ちょっと似てるところがあるでしょ。初めてこんな感じのやったからちょっと面白かった。OИEちゃんに唄わせる時も。んで、意味ですが、「COLLAR/ALL/混じり/黒」。これは簡単。色って沢山混ぜると綺麗にならずに汚く黒になったりしますよね。「SOUND/ALL/=/NOISE」これはちょっと知識ないとですが、ノイズってあるじゃないですか。あのサーッって音。ザーッかな。あれって全部の音階の音が同時に出てるとああなるんですよ。そして、「MEAN?/NOTHING?/搔き集めた/DAY」そうやって色も音もどうせ汚くなるように今まで搔き集めた日々に意味はあるのかって考える。そんな日々の始まりと終わりを繰り返すって意味です。 そいで最後。ラスサビ。もうこの辺は全部答えっていうかここまでの内容の総括って感じかな。うん。そんな唄です。ああ喪心症っていうのは、単に心がなくなるような状態を何て表そうかなって思ったときにこの喪心症って言葉が浮かんだだけなんです。 ​これだけの想いを込めた唄です。どうか宜しくお願い致します。そう。そして今回絵を描いてくださったさじさん。絵だけでなく音楽から動画まで何かとアドバイスを頂きました。本当にありがとうございました。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
heTor
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

営業時間

月曜日~火曜日 9:00~23:00

土日祝日 不定期

©2020 by heTor

Wix.com で作成されました

長野県 岡谷市